サブカル(香港・台湾)

香港在住7年目が「九龍ジェネリックロマンス」を読んだ感想(ネタバレなし)

香港在住者が九龍ジェネリックロマンス読んだ感想(ネタバレなし)

 

おいおいおい聞いてくれ!ヤンジャンで久しぶりにキュンとするマンガを発見したぞ。

その名も、

九龍ジェネリックロマンス

 

まさかの香港が舞台のマンガ!これは読むしかねぇということで読んでみたら止まらず一気読み。

電子書籍で読んだ次の日に単行本まで買うというハマりっぷり

 

モノダケ
この九龍感は紙でまじまじと見たかった(変態)

このように香港在住者・香港迷(香港好きのこと)は読むと興奮するようです。

 

日常系のネタメインなんですが、物語の中核に「謎・SF要素」もあり。この記事ではネタバレはせずに世界観だけ紹介していきたいと思います。

 

 

九龍ジェネリックロマンスのあらすじ

公式サイトによるあらすじはこちら。

此処は東洋の魔窟、九龍城砦。ノスタルジー溢れる人々が暮らし、街並みに過去・現在・未来が交差するディストピア。はたらく30代男女の非日常で贈る日常と密かな想いと関係性をあざやかに描き出す理想的なラヴロマンスを貴方に――。

ヤングジャンプ公式サイトより引用

メンズ
なんだか難しそう…?

たしかに世界観が暴走してますね。

 

ざっくり雰囲気を説明すると・・・

不動産会社で働く女性鯨井令子(くじらいれいこ)と同僚の工藤 発(くどうはじめ)の二人の恋愛と、香港・九龍城砦で繰り広げられる様々な出来事を観察していくストーリー。

大人が恋する瞬間が丁寧に描かれているんですよね。表情や間のとり方に色気があってたまらなくオシャレ!

きちんとシラフなのに色気のあるマンガです。

 

日常の恋愛ものだけと思ったら大間違い、SFチックな非日常ストーリーも挟んできます。普段恋愛モノを読まない私がハマった理由でもあります。

九龍城砦の不思議な魅力とSF要素が大人の恋愛にいい感じにミックスされて、深海の光るクラゲをゆらゆら見ているかのような気分になっちゃうマンガなんです。

 

メンズ
分かったような、分からないような…
とにかくなんか雰囲気がいいのよ
モノダケ

 

ここからは魅力を3つに絞って話しますね。

  1. 舞台が九龍城砦
  2. マンガの空気感と息づかい
  3. 海外で生きていく秘訣が知れる

 

魅力①舞台が香港の九龍城砦

九龍城砦って知ってる?

モノダケ
実は私、あまり知らない。

 

イメージとしてはこんな感じ↓

九龍城砦のイラスト

九龍城砦とは、東洋の魔窟と言われた香港の巨大なスラム街

見た目は鉄筋コンクリートが積み立ててあるアパート群といった感じ。

 

広東語で「ガウロンジャーイセン」、日本だと「クーロン(きゅうりゅう)ジョウサイ」と言います。

なぜクーロンになったんだろ?

 

私が小学校の頃(1993年)に取り壊されてしまったので実物を見たことはないんです。

元々は海賊から守るための城砦だったんですが、アヘン戦争後にどの国の法律も通らない「無法地帯」となったそう。

モノダケ
この世に法律がない場所があるなんて驚き!!

 

住民が無計画にどんどん建てていくから街路は迷路と化し、「九龍城には一回入ると出てこられない」とも言われてました。

そんな独特の謎めいた魅力のある建物、未だにファンも多いらしい。

 

マンガの中でも細かく描かれているので背景を見ているだけでも楽しい!

九龍ジェネリックロマンス漫画の表紙裏表紙を外すと一面に広がるクーロンの世界

 

memo

九龍城砦について興味を持った方はこちらの記事をみてみてください。

今はなき香港のスラム街「九龍城砦」に魅入られた写真家が切り取った世界

鮮明な写真が掲載されています。

 

ここを舞台としている作品は基本闇が深い系ばかりなんですが、今回の「九龍ジェネリックロマンス」は無法地帯に住んでる人たちの日常とロマンスを描いています。

この闇とロマンスの融合が絶妙なんですよねー!

 

ココがポイント

香港の日常とロマンス。そして城砦の謎めいた魅力や建物見物。

いろんな楽しみ方ができる作品!

 

 

魅力②空気感と息づかい:エモさの正体とは?

懐かしい雰囲気のする黄色のお花

このマンガを「エモい」と表現する人は多いです。そのエモさの正体とはなんなのか?

 

私は、このマンガのかもし出す空気感と息づかいだと感じました。

マンガの中の香港は、そのまんま私の中の香港。まさにそこにいるかのような空気なんです。

私の中の香港をヒトコトで言うと「人の気配のある街」です。活気ではなく気配。

 

香港の人達は個人主義。仕事に魅力なければすぐに辞める。と思いきや、困っていたらサラッと助ける。赤ちゃん優先、老人の荷物を持つ、弱者には優しい。

 

見られていないようで見守られている。そんな気配がある街。

そんな香港の良さがこのマンガには反映されていると感じました。

 

マンガの中ではそれを「懐かしさ」と表現されています。

細かい点を言うと、九龍はクーロンじゃなくてガウロンだし。レシートが宝くじになってるのは台湾だし。

違う点はいくつかありますが、香港の「人情深く蒸し暑い空気」だけはやけにリアルなんです

 

ココがポイント

「蒸し暑い空気に風が通る瞬間」

「タバコの煙のゆくえ」

「会話の間のあき方」

まるで同じ場所で息をしているかのような雰囲気の良い作品!

 

 

魅力③海外で生きていく秘訣が知れる

懐かしい時代の人が旅に出る

1巻では、香港生活の長い先輩社員が主人公にこの街の良さを伝えるシーンがあります。

「クーロンの懐かしさに恋をすること」

 

サラッと言ってるけど、この言葉は海外で生きていくために必要なことその本質をついていると思うんです。

要は、郷に入っては郷に従えってことなんだけど、これができない人が実に多い。(日本以外のアジアを見下してる人は特に)

 

私の経験則ですが、海外にやってきていつまでも日本と比べてばかりいる人は馴染めなくてすぐ帰っていきます。

「海外って雑、使えない、高い」とか

「全てのものを日本円だったらいくら〜」とか

「日本だったらこんなに良いサービスあるのに…」とか

 

モノダケ
何を隠そう昔の私自身がこんな感じでした笑

 

旅行だったら比べるのは当然かも知れませんが、住んでいる間中ずっとこんな考えではストレスにしかなりません

それに地元の人からしたらこんな考えの外国人と仲良くなりたくないですよね。

その国だからこそサービスあるし、国が違ったら値段も価値も違うのは当然だと思います。(来たばかりの方はその国だからこそのサービスを知らないという場合が多いですが)

 

  • 無愛想だけど「こっちのほうが安いよ」アドバイスくれる店員さん
  • 洗練されたきれいなセレクトショップじゃなくて雑多なドンキ
  • 無添加カフェではなく定食のおばちゃん

みたいな。

そこで生きてる人に興味を持ち、その人たちと同じ生活をしてみると見えてくる魅力みたいなものがある。そっちに目を向けた方が断然楽しいんですよ。

 

いろいろ愚痴っぽく書いちゃいましたが、ローカルを愛せって部分に深く共感しました。

 

ココがポイント

「無愛想だけど落ち着く」感じはまさに香港の店員さんそのもの笑

海外に住む秘訣まで教えてくれる作品!

 

 

九龍ジェネリックロマンスはどこで読める?最新情報

魅力たっぷりの「九龍ジェネリックロマンス」をお得に読む方法をお伝えします。

ヤングジャンプで絶賛連載中なので最新話を読みたい方は、ヤングジャンプを買いましょう!

 

①単行本を買う

2巻まで発売中!(2020年7月末日現在)

 

2巻は7月17日に出たばかりのほやほやですよ〜!

 

私がドキッとしたシーンは見開きを上手く使っていることが多かったです。

世界観に入りたい方、建物の構造をじっくり見たい方はぜひ単行本で!

 

②電子書籍で読む

いろいろな電子マンガサイトがありますが、ここでは試し読みができる3種類を紹介します。

 

登録なしでちょこっと試し読み

check

ヤングジャンプ公式「となりのヤングジャンプ」で試し読みする

1〜3話までと最新話が読めます。

 

じっくり試し読み+購入

check

「まんが王国」で読む

【期間限定】8/6 23:59まで立ち読み増量中!3話分が読める!

 

登録後、試し読みして気に入ったら続きが購入できます。

この無料分でマンガの大体の雰囲気がわかるので気になった方はここからまず読んでみてください。

 

1話ずつ購入する

check

「コミックシーモア」 で1話ごと読む

【期間限定】8/7 0:00まで立読み増量中!3話分が読める!

無料の試し読みは5ページほどですが、1話ごと購入が可能なのでちょこちょこ読みたい方はこちらが便利。

価格は、1話80pt/88円(税込)です。

 

一番お得に読む方法

電子書籍版は627円なので1話ごとに買うのは割高。(全8話購入すると704円)

ですが、

無料で読める範囲が多い1巻は、無料期間で読む+残り4話を個別に買ったほうがお得です。

全8話中

  • 1〜3話まで無料で読む
  • 4〜8話を購入する(352円)

で読めば1冊300円台で読めちゃいます。

※すべて税込価格です

よかったら試してみてください。

(まぁ私はハマって電子書籍+単行本購入しているのでダブルで払ってるんですが…)

 

SF要素が濃くなっていくのか日常系にとどまるのか?今後に期待しつつ、更新を待ちます。

それでは〜

スポンサーリンク

[st_af id="458"]
\ SHARE /
  • この記事を書いた人

ミラ

香港在住7年目の30代ズボラ主婦。行き当たりばったりな人生やってます。新しいことを試したり発見するのが好き。よりラクに楽しく生きるため、ジブン時間を大切にする方法を発信。

Pick up!!

1〜2歳児向け室内遊び7選 1

ムスメお外行きたいよ-!   インフルエンザや雨天時などお外で遊べないと子どもはぐずりがち。 一日だけならまだしも、ずっと続くとマンネリになりがちで困りますよね。 そこで今回はお家でできる遊 ...

1〜2歳児向け動物が出てくるアニメ5選 2

  悩めるママ友贅沢言わないからせめて30分だけでも一人遊びしててー! ワンオペ育児で一番苦労するのが邪魔されて家事が出来ないこと。 ムスメはイヤイヤ期にはいってから、後追いや「見て見てー! ...

-サブカル(香港・台湾)
-,

© 2021 モノダケ Powered by AFFINGER5